目次
各指標の騰落率市況概要8月のWealth Wingの成績低リスク高企業価値ポートフォリオとは設定来のパフォーマンスもチェック!まとめ

Wealth Wingの8月の運用成績を報告!

Wealth Wing(ウェルスウイング) の8月の運用成績を報告!

各指標の騰落率

TOPIX:1,960.70(+59.62)  2ヶ月ぶり反発
日経平均株価:28,089.54円(+805.95円) 3ヶ月ぶり反発
マザーズ:1,135.41(+20.78) 2ヶ月ぶり反発

市況概要

8月の相場は米国の金融緩和縮小が焦点となり、月半ばまでは不安定でしたが、後半にかけては堅調に推移しました。市場の関心は8月27日に開催された米国の経済シンポジウム「ジャクソンホール」でのパウエルFRB議長の講演でした。そこで年内の量的緩和縮小は適切と発言したものの、利上げに関しては慎重な姿勢を見せたことで市場は安心感から上昇基調に。8月30日にはハイテク銘柄を中心に構成される米国のナスダック指数に加え、代表的な世界株指数「MSCI全世界株指数」も最高値を記録しました。

日本市場も世界の株式市場と連動し、8月20日までは軟調な場面もありましたが、月末にかけてはリバウンドの動きもあり、反発となりました。日本国内では、デルタ株蔓延により新型コロナウイルスの感染者が全国規模で拡大し、2万5,000人を超える水準まで増加する場面もあり、国内の先行き景気には不安が残ります。そのような中で、日経平均株価は8月20日に一時27,000円を割り、底割れの不安もありましたが月末にかけては持ち直し、8月31日には28,000円台を回復しています。結果として、日経平均は3.0%の上昇、TOPIXは3.1%の上昇となりました。

8月のWealth Wingの成績

Wealth Wing(ウェルスウイング) の月次リターン

8月は「低リスク高企業価値ポートフォリオ」がトップの成績でした。税引後配当込みのTOPIXは3.17%上昇だった中で6.69%の上昇で、TOPIXを3.52%アウトパフォームしました。全戦略の前月比のリターンの平均は4.94%でTOPIXを1.78%アウトパフォーム。全8つの戦略のうち、7つの戦略がTOPIXを上回りました!

8月の相場は上下に振れながら、月末にかけては上昇していく展開でした。そのような中で、景気敏感株を中心に引き続き上値を追っていく銘柄が目立ちました。不確実性が高い中で特に価格変動性が小さい銘柄群や財務健全性が高い銘柄群は堅調であり、αリターンの蓄積に寄与しました。また、月半ばまでの下落期でも下落が抑えられた戦略が強みを発揮しました。

低リスク高企業価値ポートフォリオとは

最適な景気タイミング:不況期

<特色>
成長性・財務健全性・キャッシュフローなどの指標がバランス良く高く、かつ価格変動の低い特徴を持つ低リスクでハイクオリティな企業を中心に構成されるポートフォリオです。不況期では、常に市場からの評価の高い企業の中でも価格変動が低い企業が下落への耐性が強い傾向にあるため、市場平均以上のリターンが期待されます。

低リスク高企業価値ポートフォリオ

戦略について詳しく知りたい方はこちら

https://note.com/wealthwing/n/n69b3b141e22c

設定来のパフォーマンスもチェック!

12月1日以降の累積のパフォーマンスも振り返ります。

累積パフォーマンス

設定来では「低リスク高収益高成長ポートフォリオ」がトップの成績で36.77%上昇し、税引後配当込みのTOPIXを23.45%アウトパフォームしています。全戦略のリターンの平均は29.95%でTOPIXを16.63%と大幅にアウトパフォーム。全8つの戦略のうち、すべての戦略がTOPIXを上回っており、引き続きTOPIXをベンチマークとしたアクティブファンドの特徴が現れています。

8月は特に月半ばまでは下落基調であり、ヘッジ機能による資産の下落の回避が特に効果的でした。値動きが不安定で急落急騰をしている際に適切なタイミングでヘッジ機能のオンオフをするのはなかなか難しいですが、先行きが不透明な場面では、例えばヘッジ機能を常時設定しつつ、ヘッジ比率を変える手法が有効かもしれません。下落を抑えることに加え、安心して運用を続けられる精神的な効果も考えられます。

実際に本年2月中旬以降の値動きを見ると、8月に入りWealth Wingの戦略が乱高下となる中で、80~100%のヘッジ大を付けたケースでは、大きく利益を積み上げていることがわかります。このように、ヘッジ機能はじりじりと上値を切り下げる相場でポートフォリオの下落を抑えながらαリターンを積み重ねる効果があり、精神的にも下落の不安を取り除く、有効な運用手法であると言えるのではないでしょうか。

累積パフォーマンス

まとめ

8月は月半ばまで下落基調が続き、特に大型株が中心の日経平均は27,000円台を割れる場面もありました。Wealth WingがベンチマークとするTOPIXは日経平均に比べると堅調でありましたが、値動きは不安定でした。9月以降は、新型コロナの感染拡大による先行きの経済動向の不安に加え、衆議院総選挙を控えた政治動向も重なり、引き続き不安定な値動きとなるかもしれません。

一方で、不透明な相場が続くなか、Wealth Wingをご利用頂いているお客様の利益口座比率は8月31日時点で97%を維持しています。

利益口座比率

高い利益口座比率の理由は、個別銘柄運用によって市場平均を上回るアクティブリターンが少しづづ積み上がり、市場平均よりもポートフォリオの下落幅が小さくなっているからです。そのため、一度上昇相場に転じると市場平均よりも早く利益が出やすい状態になっています。ここが市場平均型ETFにはない、厳選された個別銘柄へ投資するアクティブ運用の魅力です!

今月はどのような値動きとなるでしょうか!?9月の結果もお楽しみに!

▼アプリのインストールはこちらから!
Android
https://bit.ly/3mPtcZ2
iOS
https://apple.co/3ptLYa3

※WealthWingの各戦略の成績は「税引き前、配当込み、かつ各種コストを差し引く前のモデルポートフォリオのリターン」となっています。
※TOPIXは「配当込みのTOPIX」の数値を用いています。
※本記事の内容は本サービスの将来リターンを保証するものではありません。
 
こちらの記事も読まれています

アプリで簡単!5分で口座開設!

app store google store

診断で運用シミュレーション!

Wealth Wingの診断

たった2問の診断であなたにあった戦略に出会える
無料診断へ

Wealth Wingの手数料

手数料のイラスト
圧倒的なパフォーマンスと
安心の手数料で資産運用をサポート
詳しく見る

ANAマイルが貯まる

ANAマイルが貯まるイラスト
運用するほどマイルが貯まる
お得なマイレージプログラム
詳しく見る

Wealth Wingの診断

たった2問の診断であなたにあった戦略に出会える
くわしく見る

Wealth Wingの手数料

圧倒的なパフォーマンスと
安心の手数料で資産運用をサポート
くわしく見る

ANAマイルが貯まる

運用するほどマイルが貯まる
お得なマイレージプログラム
くわしく見る

<重要事項>

・スマートプラスでお取引いただくこととなった際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
・株式のお取引については、株価の下落により損失を被ることがあります。また、倒産等、発行会社の財務状態の悪化により損失を被ることがあります。
投資信託のお取引についても基準価格の下落等により損失が生じる恐れがあります。
・信用取引につきましては、金利、貸株料、品貸料などの諸費用がかかるほか、株価等の変動により委託保証金の額を上回る損失が生じるおそれがあるハイリスクハイリターンの取引です。
・お客様の投資に対する適合性が信用取引に不向きな場合は信用取引を行うことはできません。
・当社における各種口座開設に際しては当社所定の審査があります。
・資料等の中で個別銘柄が表示もしくは言及されている場合は、あくまで例示として掲示したものであり、当該銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。
・貸株取引については分別保管の対象から外れるほか、貸し出した有価証券が返却されないリスクがあります。
・お取引に際しては当社から交付される契約締結前交付書面、目論見書その他の交付書面や契約書等をよくお読みください。

金融商品取引業者 株式会社スマートプラス 関東財務局長(金商)第3031号 加入協会:日本証券業協会・一般社団法人日本投資顧問業協会

Copyright © Smartplus Ltd., All Rights Reserved.